最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ 認知症対策

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

投稿日:

高齢の人でも取り組みやすい

近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした脳のリハビリの中でも、おすすめしているのが「脳活性キューブパズル」です。

脳活性キューブパズルとは、小さな正方形が3~5個つながった7種の図形のピースを使って示された形を作るパズルです。脳活性キューブパズルは、7種のピースを使って立体や平面を作る「イージーキューブ」というパズルが原型になっています。

脳活性キューブパズルでは、平面を作成する問題のみに絞って出題し、高齢の人でも取り組みやすいようにエ夫をこらしています。

衰えやすい脳の海馬や頭頂葉を刺激する

そもそも、アルツハイマー型の認知症で最初に障害が現れる脳の部位は、海馬です。海馬は記憶力(覚える力・覚えつづけるカ・思い出す力の3つから成る)に深く関係しているため、衰えると物忘れが頻繁に起こるようになります。

次に衰えやすいのは、空間認識を司る頭頂葉です。この部分が衰えると方向感覚や位置感覚が低下するため、道に迷ったり、物を置いた場所がわからなくなったりするといった症状が起こってきます。

こうした脳の衰えを防ぐには、脳活性キューブパズルが最適なのです。脳活性キューブパズルを行うときは、「どこにどの図形が当てはまるか」と思考をめぐらせます。すると、図形を記憶したり図形の位置を認識したりするので、海馬や頭頂葉を大いに刺激できます。

また、図形のピースを手で動かすことで、脳の運動野(体を動かすときに指令を出す脳の領域)を活性化する効果も期待できます。

さらに、脳活性キューブバズルは、正解数が多く、完成までのイメージがしやすいという特徴もあります。そのため、誰でも簡単に正解を導くことができ、達成感が得られやすく、長時間集中して行えるのです。

認知機能テストの点数が大幅アップした

理学療法士の川畑智先生たちは、認知症の9人(中度~重度)を対象に、脳のリハビリの一環として、週一回、60~90分間、脳活性キューブパズルをはじめとした図形パズルを行ってもらい、認知機能の変化を調べるテスト(HDS-Rという。30点満点で、20点以下だと認知症が疑われる)を実施しました。その結果、一年後には、9人のうち3人のテストの評価点が4点以上もアップしたのです。

このほか、認知症の疑いのある14人に、週一回以上、脳活性キューブパズルを行ってもらったところ、一年後には12人でテストの評価点が上がり、認知症の疑いがなくなるという結果も得られています。

認知症の進行予防に全国の介護施設が活用

実際に、認知症の人やその予備群の人に脳活性キューブパズルを行ってもらうと、ほとんどの人が楽しく取り組んでくれます。そして、パズルを解いて達成感を得ると、意欲が生まれて、書道や読書、編み物など、次のステップに進もうとする人も少なくありません。

現在、脳活性キューブパズルをはじめとした図形パズルは、熊本県でマニュアル化され、全国の介護施設や病院などでも認知症予防に活用されています。そして導入した施設からは、暴言や妄言、徘徊、幻覚などの認知症の周辺症状が軽減したり、集中力が改善して日常生活動作もできるようになったりする効果が報告されています。

こうしたことから、脳活性キューブパズルは、脳の衰えを防ぐだけでなく、初期~中期程度の認知症では症状の進行を抑える効果さえ期待できるのです。

脳の活性化や認知症の予防のために、みなさんもぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ, 認知症対策

執筆者:

関連記事

疲れた脳をリフレッシュして、脳全体を大幅に活性化させる「デッサン脳トレ」

少しの工夫で脳全体を使う脳トレに一変 現代人は、仕事や人間関係など、多くのストレスにさらされながら生活しています。ストレスは万病のもとといわれているように、体のあらゆる部位に影響を及ぼします。脳も例外 …

物忘れやうっかりミスが改善する「全脳パワードリル」

独自の認知症対策を考案し、大きな注目を集めている熊本県 超高齢社会(高齢化率が21%を超えた社会)を迎えた日本では、認知症の患者数が増加の一途をたどっています。厚生労働省の発表によれば、認知症の患者数 …

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その2

問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆の続きです。 6:話そうとする言葉が出てこない 芸能人の名前が思い出せない程度なら、年を取れば誰にでもある物忘れ。でも、思ったこ …

「足の裏マッサージ」が脳を活性化し物忘れやボケを防止する

運動がボケ予防に役立つ 物忘れを防止する健康法をご紹介しましょう。「足の裏マッサージ」です。 ウオークマットという板があります。これは、直径5cmくらいの突起物が多数ついた板です。 この上を歩くと、足 …

認知症の治療において薬とともにフェルラ酸食品をとると改善率が上がった

レビー小体型認知症では幻視が目立つ 認知症といっても、いくつかの種類があります。よく知られているのが、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症でしょう。一般にはあまり知られていませんが、レビー小体型認知 …