最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

認知症対策

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その2

投稿日:

8:疑い深くなる

性格が変わったように疑い深くなるのも、アルツハイマー病の特徴。お金を盗られるのではないかと、お財布や預金通帳を隠したり、何度も銀行へ行って預金残高を確認したりする人もいます。傷つけないよう、優しく接するのが基本。

9:短気になる、すぐに怒る

温厚だったのに、人が変わったように短気になり、ささいなことで理不尽に怒る…。これは、本人が自分に起こっている変化に気付いて、不安やいら立ちを覚えているため。あるいは、脳の働きが衰え、感情の抑制が困難になっていることも考えられます。静かにに優しく、笑顔で接することが大事。

10:物事への興味、関心を失う

家事や新聞を読むなど、毎日していた日課をしなくなる。趣味など、興味を持っていたことに関心を失う…。うつ病の症状とも似ていますが、本人に悲壮感がなく、あまり苦痛と感じない点が特徴です。

11:外出するのをおっくうがるようになる

活動的だった人が、一日中家にこもり、テレビを見て過ごすようになった。外出に誘われても「疲れる」と断ってしまう…。こういった場合、なんらかの異常を疑ってみたほうがいいでしょう。

12:身だしなみに無頓着になる

ちぐはぐな服装をしている。何日も同じ物を着ている。お風呂に入らなくなる。歯磨きをしなくなるなど、特に、おしゃれだった人が着る物や髪形、化粧に無頓着になったら要注意。

13:簡単な計算ができなくなる

少額の買い物で、財布の中に小銭がたくさんあるにもかかわらず、わざわざお札を出す…。いくら出せば、いくらのお釣りをもらうと計算できないため、どんな買い物でも紙幣を出すのです。

14:料理の手順を間違える

得意だった料理の味が急に落ちた。同じ料理を頻繁に作るようになった。複数の料理を同時に作れなくなり、時間がかかるようになったなど、料理の手順がわからなくなっているのは、危険信号。

15:薬の管理ができなくなる

服用する薬の管理ができなくなるのも、この病気の特徴です。飲む薬を1回ごとに分けて、袋などに入れておくのも一つの手ですが、時間の見当識障害が出始めると、それもわからなくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-認知症対策

執筆者:

関連記事

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その1

1:直近の出来事を忘れる 「昨日、誰と会った」とか「どこへ行き、何をした」といった直近の出来事を覚えておらず、その事実を伝えても、本人がいっこうに思い出さない。「そんなことあったっけ?」とけげんそうに …

病気にかからない人や、細かいことを気にしない人は、いくつになっても元気

病気にかからない人は長生きする 高齢になっても元気でボケない人には、何か共通点があるのでしょうか? かつて、各界で活躍されている76歳から100歳までの方(平均年齢83歳)35人を対象に、調査を行った …

かなり無気力な状態になった認知症がフェルラ酸食品で回復

迷子になることが頻繁にあった 女性のBさんは、平成25年5月、家族に連れられて名古屋フォレストクリニックを来院しました。 Bさんは外出先で自分がどこにいるのかわからなくなって迷子になることが頻繁にあり …

認知症治療でフェルラ酸食品を使う医師が増えている

アルツハイマー型認知症の治療薬には副作用が 名古屋フォレストクリニックの河野院長は、実験や試験でいい効果が出ているフェルラ酸食品を、アルツハイマー型認知症などの認知症の治療に取り入れています。 河野院 …

低分子レシチンで会話もおぼつかなくなった高齢ウツが旅行できるまでに回復

家でゴロゴロ・ダラダラしていた 東京都に住む榎本良行さん(仮名・71歳)は、70歳になるまで鉄工所で働いてきました。仕事で定年はなかったものの、疲れがひどくなり、昨年の6月未に退職したのです。 榎本さ …