最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 認知症対策

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その1

投稿日:

1:直近の出来事を忘れる

「昨日、誰と会った」とか「どこへ行き、何をした」といった直近の出来事を覚えておらず、その事実を伝えても、本人がいっこうに思い出さない。「そんなことあったっけ?」とけげんそうにしている…。これは明らかにエピソード(出来事)記憶の障害で、アルツハイマー病の前兆、あるいは初期症状と考えられます。

2:財布や物の置き場所を忘れ、盗られたと賢ぐ

自分で物を置いた場所を忘れ、「ない、ない。誰かが盗んだ」と訴える…。この物盗られ妄想は典型的なアルツハイマー病の症状です。言い分を頭から否定せず、妄想につきあい、一緒に探してあげるなどの配慮も大事です。

3:蛇口やスイッチ、ガス栓などを閉め忘れる

お風呂のお湯が何時間も出っ放しだったり、やかんを火にかけっ放しだったり…。それらが頻発するようなら、危険です。ことに火元の始末をきちんとできなくなったら、一人で暮らすのは無理です。

4:行動の目的を忘れてしまう

「〇〇を買いに行く」と出掛けたはずなのに、その目的を忘れ、手ぶらで帰ってくる…。仕事で長年やってきた作業や手順を忘れて、同じミスを何度もくり返したり、行動の脈絡がなくなったりするようなケースも、要注意信号といえます。

5:同じことを何度も言ったり尋ねたりする

同じ話を何度もすること自体は、年を取ればありがちです。しかし、その間隔があまりに短かったり、何回もくり返したりする場合は要注意。例えば、「孫が遊びに来るのはいつだっけ?」「明後日ですよ」といった会話を、数分後にまたくり返すといった場合は、早めに病院へ行くなどの対処をしたほうがいいでしょう。

6:時間や日にちの感覚があいまいになる

アルツハイマー病が進み始めると、今日は何月何日か、何曜日か、何時に何をする予定かといった、時間に関する見当識に障害が出てきます。例えば、「明日の日曜、10時に」と約束していたにもかかわらず、それを忘れて、問いただすと「今日はまだ土曜日じゃなかった?」などと答える場合は、注意したほうがいいでしょう。

7:振り向き現象と取り繕い

例えば、年齢を聞かれて、「何歳だっけ?」と答えながら、家族などを振り向き、助けを求めるのが振り向き現象です。記憶に自信がなく、答えられないのを知られたくないという心理が働いています。毎年変わる年齢を覚えていないので、「昭和○年生まれ」と生年を答えて取り繕い、周りが気付きにくいケースもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 認知症対策

執筆者:

関連記事

61歳で弁護士になれたのは「覚える内容を選ぶ」ことと勉強時間をきっちりと区切ること

時間を味方にできるのが強み 7年前に61歳で弁護士になった渋谷区・神山昌子先生は、離婚・破産などの問題を中心に、さまざまな相談や事件を担当しています。多忙な日々を送っており、現在、抱えている案件も訴訟 …

物忘れが多くなったのは年のせいか軽度認知障害なのかチェックしてみよう

MCIの人たちの共通の傾向 加齢とともに、だんだん物忘れが多くなったり、判断力が鈍ってきたりします。多少の物忘れがあっても、「年だからしょうがない」と思っている人も多いでしょう。 しかし、それが老化に …

ぬり絵はストレス解消や脳の活性化、認知症予防に最適な「遊び」

ぬり絵を行ったあとα波が多く出現した 杏林大学が行った研究で、ぬり絵の脳活性効果やストレス解消効果を実証した試験結果があります。くわしく説明しましょう。 まず、ストレス解消効果についてです。脳がリラッ …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …

問題行動が改善する医師が考えた「アイスクリーム療法」

親が自らの考え方を少し変えるだけ 佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、医学部を卒業後、脳科学の研究に携わり、現在は臨床医として地域医療に従事しています。臨床心理士の資格も取り、子育てや介護といった、家族 …