最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 認知症対策

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その2

投稿日:

問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆の続きです。

6:話そうとする言葉が出てこない

芸能人の名前が思い出せない程度なら、年を取れば誰にでもある物忘れ。でも、思ったことが言葉として出なかったり、話そうとする言葉自体が頭の中に浮かんでこなかったりする場合は、なんらかの病気の前兆かもしれません。早めに病院で診てもらいましょう。

7:必要ないのに同じ物を大量買い、二重買いする

アルツハイマー病が発症すると、同じ物をいくつも買ったり、大量に買ってしまったりすることがあります。自分で気付いているうちはよいですが、あまりに頻発したり、前に買ったことをまったく覚えていなかったりする場合lま、注意したほうがいいでしょう。

8:頻繁に物を置き忘れる

単なる物忘れは、アルツハイマー病ではありません。物の置き場所がわからなくなって探し回ったり、傘や荷物をどこかに置き忘れてなくしたりするのは、誰にでもあることです。ただし、それがあまりに頻発するのは要注意。

9:仕事の約束を忘れる

仕事で人と会う約束や会議の予定をすっかり忘れ、すっぽかしてしまった‥。単に「うっかりした」だけならいいのですが、約束したこと自体を覚えていないのは心配。

10:新しいことを覚えられない

アルツハイマー病をはじめ認知症では、最初に新しいことを覚える機能(記銘力)が衰えます。人の名前、新しい物、機器の操作の方法など、新しいことを覚えられない。ことに、仕事などで覚える必要のあることが、どうしても覚えられない。また、覚える意欲もわかない…という場合、程度にもよりますが、少し心配です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 認知症対策

執筆者:

関連記事

物忘れが減る!軽度認知障害も改善する「本山式脳活体操」

普通に生活できるまでに回復した例も 総合能力研究所所長・健康運動指導土の本山輝幸先生が、まず皆さんにお伝えしたいのは、認知症は改善する。少なくとも、その手前のMCI(軽度認知障害)の段階なら、治る可能 …

脳の若返りに役立つ「龍の歩き」気功

十分な血液が確保しにくい位置に脳はある 脳の若返りというと、いわゆる脳トレを思い浮かべる人が多いでしょう。 確かに、脳を使って鍛えることも大事ですが、そればかりでは、脳の疲労を招いて逆効果になりかねま …

ウオーキングや日記をつけるなどで脳を活性化し認知症・物忘れを予防

65歳で8人に1人85歳では5人に1人 認知症とは、「脳がなんらかの原因によって本来の働きを失い、記憶や思考、判断力など二つ以上の知的機能に障害を生じ、社会生活ができなくなる状態」のことです。 原因と …

日常生活では気づきにくい認知力の低下を早期発見する「認知カチェックキット」

認知力の低下に早く気づける 中高年世代にとって、記憶力や判断力といった認知力の低下に対する不安は、とても大きなものでしょう。一度でもそうした不安を抱くと、疑心暗鬼になって、ちょっとした物忘れの一つひと …

「新聞紙にクレヨン画」が心身の健康維持、脳の活性化にも貢献

絵の素人でも手軽に始められる 「新聞紙にクレヨンで絵を描く」という画法を、今から20年以上前に確立したのは、画家であり翻訳家の、喜多としたか先生です。 かつて喜多先生が講師をしていた、ある美術史講座が …