最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 認知症対策

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その2

投稿日:

問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆の続きです。

6:話そうとする言葉が出てこない

芸能人の名前が思い出せない程度なら、年を取れば誰にでもある物忘れ。でも、思ったことが言葉として出なかったり、話そうとする言葉自体が頭の中に浮かんでこなかったりする場合は、なんらかの病気の前兆かもしれません。早めに病院で診てもらいましょう。

7:必要ないのに同じ物を大量買い、二重買いする

アルツハイマー病が発症すると、同じ物をいくつも買ったり、大量に買ってしまったりすることがあります。自分で気付いているうちはよいですが、あまりに頻発したり、前に買ったことをまったく覚えていなかったりする場合lま、注意したほうがいいでしょう。

8:頻繁に物を置き忘れる

単なる物忘れは、アルツハイマー病ではありません。物の置き場所がわからなくなって探し回ったり、傘や荷物をどこかに置き忘れてなくしたりするのは、誰にでもあることです。ただし、それがあまりに頻発するのは要注意。

9:仕事の約束を忘れる

仕事で人と会う約束や会議の予定をすっかり忘れ、すっぽかしてしまった‥。単に「うっかりした」だけならいいのですが、約束したこと自体を覚えていないのは心配。

10:新しいことを覚えられない

アルツハイマー病をはじめ認知症では、最初に新しいことを覚える機能(記銘力)が衰えます。人の名前、新しい物、機器の操作の方法など、新しいことを覚えられない。ことに、仕事などで覚える必要のあることが、どうしても覚えられない。また、覚える意欲もわかない…という場合、程度にもよりますが、少し心配です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 認知症対策

執筆者:

関連記事

脳全体を活性化して、物忘れを防止する「リズム音読」

アルツハイマー病の脳機能の検査値も向上 認知症の中で患者数が最も多いアルツハイマー病は、現時点で治療法が確立していません。だからこそ、日ごろの認知症予防がとても大切になります。 ここでは「パワー音読ド …

ウオーキングや日記をつけるなどで脳を活性化し認知症・物忘れを予防

65歳で8人に1人85歳では5人に1人 認知症とは、「脳がなんらかの原因によって本来の働きを失い、記憶や思考、判断力など二つ以上の知的機能に障害を生じ、社会生活ができなくなる状態」のことです。 原因と …

問題行動が改善する医師が考えた「アイスクリーム療法」

親が自らの考え方を少し変えるだけ 佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、医学部を卒業後、脳科学の研究に携わり、現在は臨床医として地域医療に従事しています。臨床心理士の資格も取り、子育てや介護といった、家族 …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …

アルツハイマー型認知症の治療に「フェルラ酸」が有効

米ヌカに含まれるフェルラ酸が注目 つい先日、厚労省の研究班が、2015年時点の認知症高齢者数を発表しました。その数は、なんと465万人に上るそうです。そんな日本人に多い認知症に効くと注目を集めている栄 …