最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 認知症対策

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その1

投稿日:

ここでは、問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆を挙げました。これらに思い当たったら、食生活を含む日常生活をしっかり行う、運動する、病院へ行って検査を受ける…といった行動を起こしたほうがいいかもしれません。

1:新聞の内容が頭に入らない

これまで毎朝、読み続けてきた新聞。目を通してはみるものの、いくら読んでも、記事の内容がちっとも頭に入ってこない…。そうなったら要注意。物事への関心、意欲を失っていると考えられます。アルツハイマー病の初期には、このような症状が現れることがあります。

2:昨日観た映画やドラマのストーリーを思い出せない

昔に観た映画やドラマの筋を思い出せないのは、別に不思議ではありません。しかし、昨日の今日で覚えていない。それも、自分が観たくて観たはずの映画の内容を1日たったら忘れてしまっていた…。これは、脳の海馬の機能が低下して、記憶に障害が出始めている可能性があります。

3:前日の続きから本を読み始めたら、内容を忘れている

本の続きを読むとき、少しさかのぼって内容や筋立てを確認するのは普通ですが、前日の内容がすぐ思い出せないのは要注意。本を好んで読むような知的水準の高い人は、アルツハイマー病になりにくいといわれる半面、いざ発症すると進行が早いとの報告もありますも早めに受診しましょう。

4:よく知っているはずの相手を忘れる

例えば、親戚Aさんから「明後日、そちらへ行く」と電話があったが、「Aさん」という相手を忘れ、誰からの電話だったか思い出せない…。電話がかかってきたこと自体は覚えていて、相手を思い出せないという自覚がありますから、まだ発症はしていないと思われますが、前兆の可能性が高いでしょう。

5:「あれ」「これ」「それ」を連発する

普段使わない言葉や、最近に聞き知った言葉が出てこないのは心配いりませんが、よく使う言葉がスッと出ないのは要注意。言葉の記憶を引き出しにくくなって、指示語を多用している可能性があります。アルツハイマー病を発症すると、言語機能が障害を受け、話す言葉が少なくなり、限られた言葉しか出てこなくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 認知症対策

執筆者:

関連記事

認知症なのか単なる物忘れなのか

「認知症」と単なる「物忘れ」の違いは? MCI(軽度認知障害という言葉が最近注目を集めています。これは、文字通り軽い認知障害が出始めた状態を指し、認知症の入り口とでもいえるでしょう。 この段階で本人や …

日常生活では気づきにくい認知力の低下を早期発見する「認知カチェックキット」

認知力の低下に早く気づける 中高年世代にとって、記憶力や判断力といった認知力の低下に対する不安は、とても大きなものでしょう。一度でもそうした不安を抱くと、疑心暗鬼になって、ちょっとした物忘れの一つひと …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …

物忘れの予防法としておすすめ「美術療法」

  臨床美術の通所施設を日本で初めて開設 年齢とともに、物忘れや、記憶力の低下などに不安を覚えることが多くなりますが、同時に、その先に待ち構えている「認知症」のことも気になるでしょう。 そん …

61歳で弁護士になれたのは「覚える内容を選ぶ」ことと勉強時間をきっちりと区切ること

時間を味方にできるのが強み 7年前に61歳で弁護士になった渋谷区・神山昌子先生は、離婚・破産などの問題を中心に、さまざまな相談や事件を担当しています。多忙な日々を送っており、現在、抱えている案件も訴訟 …