最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れについて 認知症対策

脳の機能が低下したことを本人が気づく10の兆候 その1

投稿日:

ここでは、問題のある異変を早く認識するために、本人が自覚できる注意すべき10の前兆を挙げました。これらに思い当たったら、食生活を含む日常生活をしっかり行う、運動する、病院へ行って検査を受ける…といった行動を起こしたほうがいいかもしれません。

1:新聞の内容が頭に入らない

これまで毎朝、読み続けてきた新聞。目を通してはみるものの、いくら読んでも、記事の内容がちっとも頭に入ってこない…。そうなったら要注意。物事への関心、意欲を失っていると考えられます。アルツハイマー病の初期には、このような症状が現れることがあります。

2:昨日観た映画やドラマのストーリーを思い出せない

昔に観た映画やドラマの筋を思い出せないのは、別に不思議ではありません。しかし、昨日の今日で覚えていない。それも、自分が観たくて観たはずの映画の内容を1日たったら忘れてしまっていた…。これは、脳の海馬の機能が低下して、記憶に障害が出始めている可能性があります。

3:前日の続きから本を読み始めたら、内容を忘れている

本の続きを読むとき、少しさかのぼって内容や筋立てを確認するのは普通ですが、前日の内容がすぐ思い出せないのは要注意。本を好んで読むような知的水準の高い人は、アルツハイマー病になりにくいといわれる半面、いざ発症すると進行が早いとの報告もありますも早めに受診しましょう。

4:よく知っているはずの相手を忘れる

例えば、親戚Aさんから「明後日、そちらへ行く」と電話があったが、「Aさん」という相手を忘れ、誰からの電話だったか思い出せない…。電話がかかってきたこと自体は覚えていて、相手を思い出せないという自覚がありますから、まだ発症はしていないと思われますが、前兆の可能性が高いでしょう。

5:「あれ」「これ」「それ」を連発する

普段使わない言葉や、最近に聞き知った言葉が出てこないのは心配いりませんが、よく使う言葉がスッと出ないのは要注意。言葉の記憶を引き出しにくくなって、指示語を多用している可能性があります。アルツハイマー病を発症すると、言語機能が障害を受け、話す言葉が少なくなり、限られた言葉しか出てこなくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れについて, 認知症対策

執筆者:

関連記事

脳の機能が低下したとき家族や周囲の人が気づく15の前兆 その2

8:疑い深くなる 性格が変わったように疑い深くなるのも、アルツハイマー病の特徴。お金を盗られるのではないかと、お財布や預金通帳を隠したり、何度も銀行へ行って預金残高を確認したりする人もいます。傷つけな …

「脳を活性化するハーブ」で記憶力や理解力がアップ

コミュニケーション能力がよくなっていった 順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、「脳を活性化するハーブ」(シダ植物のトウゲシバ)に含まれるヒユーペルジンAの効果を調べるために、岐阜県にある河村病院の …

「足の裏マッサージ」でストレスに強くなれば物忘れ・ボケ予防の効果が高まる

ストレスをしなやかに乗り超える 足の裏マッサージで使用するウオークマットは、痛みというストレスを足の裏に与えます。しかし、これを毎日継続することによって、しだいに足の裏がやわらかくなってくると、ストレ …

アルツハイマー型認知症の治療に「フェルラ酸」が有効

米ヌカに含まれるフェルラ酸が注目 つい先日、厚労省の研究班が、2015年時点の認知症高齢者数を発表しました。その数は、なんと465万人に上るそうです。そんな日本人に多い認知症に効くと注目を集めている栄 …

中高年に起こる物忘れはほとんどは「脳疲れ」が原因

五感をフル活用して物忘れを回避する 中高年に起こる物忘れは、物忘れをしたという自覚さえあれば、ほとんどは「脳疲れ」が原因で、認知症(ボケ)の前ぶれとは違うので心配はいりません。 脳疲れを招く最大の原因 …