最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物

レシチンが手軽にたっぷりとれる一品としておすすめなのは卵がけ納豆

投稿日:

実は脳にとっては不十分

レシチンは、いろいろな食品に含まれています。特に多く含まれるのは、卵黄(黄身の部分)と大豆です。大豆の場合、大豆を原料にした食品であれば、納豆や豆腐、豆乳、みそ、しょうゆなどあらゆるものにレシチンが含まれています。レシチンが手軽にたっぷりとれる一品としておすすめしたいのは、卵がけ納豆でしょう。

そのほか、ピーナッツやゴマ、チーズ、ウナギなどにレシチンが多く含まれています。

日常的に、こうした食品をよく食べてレシチンを補給してほしいものですが、実は脳にとっては不十分といえます。というのも、レシチンが多い食品を食べて、肝臓でアセチルコリンなどに分解されても、それが脳に届きにくいためです。

そもそも、私たちの脳には、脳にとって必要な成分だけが通れる「血液脳関門」という関所のようなものがあります。この血液脳関門を通れるのは、脂溶性(油に溶lナやすい性質)で低分子の物質だけで、レシチンから変化したアセチルコリンなども本来ならすんなりと取り入れられるべきです。

しかし、日常の食品に含まれるレシチンから分解されたアセチルコリンは分子が大きくて、血液脳関門をうまく通り抜けることができないのです。

低分子レシチンそのものが脳に働きかける

こうしたレシチンの弱点を克服したものが、低分子レシチン(正式な成分名をK-リゾレシチンという)です。低分子レシチンとは、レシチンの分子を半分以下の大きさにしたもの。肝臓で分解されてアセチルコリンなどになっても、その分子は通常より小さく、血液脳関門をたやすく通り抜けることができます。

また、低分子レシチンの場合、分子が小さいため、舌下吸収されると推測されています。舌下吸収とは、舌の下にある小血管から、粘膜を通じて栄養分が直接吸収されることです。

舌下吸収される可能性があるとされた理由は、米国のマサチューセッツ工科大学で行われたマウスの実験によります。実験で、低分子レシチンをとったら、その5分後から数時間にわたって、脳が落ち着いているときに現れる脳波のα波が増えたことが確かめられたのです。

わずか5分程度で、α波が増えたのは、舌下吸収されていること以外に考えられません。

ちなみに、鈴鹿医療科学大学大学院の研究グループも、低分子レシチンをマウスに与えたところ、10分後にはセロトニンなどの脳内ホルモンが増えたことを確認しています。この実験からは、低分子レシチンそのものが、脳に取り込まれ、脳でさまざまなホルモンを作るのに役立っているのではないか、と推測できます。

→レシチンこそ脳を活気づけて物忘れもウツも認知症も防ぐ驚くべき栄養素

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物

執筆者:

関連記事

ホウレンソウの「葉酸」とウコンに含まれる「クルクミン」が認知症予防には有効

酸の摂取量が多いとアルツハイマーの発症リスクが低い 最近、注目されているのがビタミンB群の「葉酸」です。 米国コロンビア大学などの研究で、葉酸の摂取量が多い人はアルツハイマー病の発症リスクが低減すると …

酢タマネギ療法のおかげで脳の若返りを実感できた

父親が認知症になりボケるのが怖かった 埼玉県の南越谷健身会クリニックでは、高血圧や高血糖の治療の一環として「酢タマネギ療法」をすすめています。酢タマネギ療法を行うと、高血圧・高血糖から、物忘れ・認知症 …

体の免疫力が上がり、物忘れも防止する「酢タマネギ」の作り方と活用法

5日ほど漬ければ食べごろになる 今、物忘れ防止の食品として、大人気となっている「酢タマネギ」は、誰でも簡単に手作りできます。その基本的な作り方を説明しましょう。 まず、保存容器として密閉できる広口ビン …

薬とフェルラ酸食品の併用により記憶力が増して顔つきも変わった

アリセプトを2年服用したが効果がなかった 一般に、アルツハイマー型認知症は回復しないといわれています。しかし、薬とフェルラ酸食品の併用により、回復が見られる場合が数多くあります。男性のAさんも、その一 …

物忘れや認知症を撃退する食習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …