最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止の食べ物・飲み物 物忘れ防止体験談

オキアミ油のサプリメントで物忘れが減って狭心症もよくなった

投稿日:

メモなしでスーパーの買い物ができるようになった北海道 60歳 主婦の方の体験談です。

狭心症の改善にオキアミ油をとりはじめた

睡眠中にときどき胸が苦しくなって目が覚めるようになったのは、今から10年ほど前のことです。心配になって近くの病院を受診したところ、体を動かしていないときに発作が起こる安静時狭心症と診断され、飲み薬を処方されました。

その後はひどい発作を防ぐために、ストレスをためず、栄養バランスのいい食事をとるよう心がけました。

医師からは睡眠もしっかりとったほうがいいとアドバイスされましたが、もともと私は寝つきが悉く、不眠が続くときには睡眠導入薬を使うこともありました。そのためか、軽度ながらも年に4、5回は発作に悩まされることになったのです。

そんな私が今年の春先からとりはじめたのがオキアミ油のサプリメントです。きっかけは、私の体調のことを気にかけてくれた友人の紹介でした。

オキアミ油には、血管をしなやかにする働きやドロドロの血液をサラサラに変える働きのあるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)など、狭心症を患う私の体によさそうな成分が豊富に含まれているという話を聞いて、ぜひとってみようと考えたのです。

2週間で物忘れの減少が自覚できた

オキアミ油の効果はすぐに感じられました。オキアミ油をとりはじめて2週間もすると、夜に布団に入ってから30分も1時間も眠れずに過ごすことがなくなり、よく眠れるようになりました。睡眠導入薬も自然と必要としなくなりました。

そんなオキアミ油のありがたみを感じてさらに2週間がたったころ、以前に比べて物忘れを自覚することが少なくなってきたのに気づきました。

60歳にもなると物忘れが多くなるものです。気になりはじめたのは今から5年ほど前で、すでに冷蔵庫にある食品を重ね買いしたり、テレビに出ている有名人の名前をど忘れしたりすることが増えました。そんなことはそれ以前にはほとんどありませんでした。

脳の衰えはほかの場面でも感じていました。家族との楽しい団らん中、誰かがおもしろいことをいってみんなの中で笑いが起こっても、私だけ何がおかしいのかわからないという状況によく陥っていたのです。

オキアミ油は、こうした脳の衰えの改善にも効果を発揮してくれたようです。物忘れが増えたり、笑いどころがわからなかったりする状態は、徐々に少なくなっていきました。

現在ではオキアミ油のサプリメントをとりはじめて4カ月ほどたちますが、脳の働きはとりはじめる前に比べて明らかにいいように思います。スーパーで買わなければいけない品物が10個近くあつても、メモなしで買い物をこなせます。

もともとの悩みだつた狭心症の発作も、今年は一回しか起こっていません。オキアミ油には本当に感謝しています。

→「オキアミ油」の摂取で脳の情報処理速度がアップし記憶力や思考力が高まる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止の食べ物・飲み物, 物忘れ防止体験談

執筆者:

関連記事

「脳を活性化するハーブ」で簡単な引き算もできなかったアルツハイマー病が改善した

自立した生活が困難になっていった 脳を活性化するハーブ「トウゲシバ」の栄養補助食品をとったら、悪化するいっぽうだったアルツハイマー病でも改善する患者さんが多く、順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、 …

サラダ油をやめてアマニ油をとると物忘れが改善できる

健脳油として見直されている サラダ油に多く含まれるリノール酸(オメガ6系の多価不飽和脂肪酸。脂肪酸とは油脂の構成成分)をとりすぎると、脳の神経細胞の破壊を招き、認知症を招く危険が大きくなると問題視され …

高周波音のCDで物忘れが減少!寝つきもよくなり、朝まで熟睡

物忘れが減って誤字脱字や計算ミスまでなくなった愛知県 51歳 会社員 男性の方の体験談です。 森林公園を歩いたらその夜に熟睡できた 私は50歳を過ぎて部長職に就くと、責任ある仕事を任され、休日も働くこ …

薬とフェルラ酸食品の併用により記憶力が増して顔つきも変わった

アリセプトを2年服用したが効果がなかった 一般に、アルツハイマー型認知症は回復しないといわれています。しかし、薬とフェルラ酸食品の併用により、回復が見られる場合が数多くあります。男性のAさんも、その一 …

「大豆セリン」で脳の働きが活性化し物忘れが改善

体内では作ることができない成分 現在、世界中で脳の研究が盛んに行われており、ひどい物忘れや認知症(ボケ)は、年齢とともに脳の神経細胞の膜が硬くなり、老化することが一因ということがわかってきました。 そ …