最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

物忘れ・ど忘れが解消される「両手で数字を書く体操」のやり方

投稿日:

内側の数字から両手でなぞっていく

ここでは、記憶力を高め、物忘れや置き忘れ・人名の失念といったど忘れの解消に最適な「両手で数字を書く体操」のやり方をくわしく説明しましょう。

この体操は、例えば左側に「21」とあり、右側に「12」とあります。この左側の数字を内側(中央側)から左手で、右側の数字を内側から右手で同時になぞっていきます。つまり、どちらも「12」という順番でなぞります。

終わったら、次の問題に移ります。同様にして、左側の数字を内側から左手で、右側の数字を内側から右手で同時になぞっていきます。こちらは「34」となります。このようにして、いろいろな数字をなぞっていきます。10問やっても、5分もあればできてしまいます。

「両手で数字を書く体操」をするさい、できればペンを2本使ってほしいものです。なぜなら、最後の空欄のときにしっかりと数字が書けているかを確認できるためです。

とはいえ、雑誌にそのまま数字を書いてしまうと、それっきりになってしまうので、雑誌の上に白い紙を置いてそこに書いたり、コピーしたものを使ったりするといいでしょう。

もし、ペンを用意するのがめんどうなら、指でやるといいでしょう。指でやる場合、上の問題を人さし指でやって、下の問題を中指で行うというぐあいに、問題が変わるごとに手の指も替えてほしいものです。

「両手で数字を書く体操」では、問題の数字をよく見て、例えば「1」なら最後の横棒まできっちりとていねいに書いてください。そして、1日に10問、しっかり行いましょう。1回で10問すべてやってもいいし、1日数回に分けて行ってもかまいません。

これをやったとたんに記憶力がよくなることはないものの、毎日続けて行っていれば、しだいに物覚えがよくなっていき、物忘れ・ど忘れも解消されるはずです。

→両手で数字を書く手の指体操は、記憶力を高めて物忘れ・ど忘れを解消する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

物忘れを引き起こす想起力の衰えには「記憶の扉クイズ」が効果的

多くの人が知っている知識を問うクイズ 物忘れを引き起こす想起力の衰えを防いだり、強化したりするにはどうすればいいのでしょうか。一般に、脳の衰えは、年を取るごとに脳の神経細胞が死滅するのが原因だと考えら …

音読の効果を活用した脳トレ「パワー音読」で脳を活性化

  言葉の獲得によって人間の脳は発達した 私たち人間が、進化の過程でチンパンジーなどの類人猿から分かれて、脳の発達を遂げることができたのはなぜでしょうか。その最大の理由は、言語を獲得したこと …

脳が活性化される「デッサン脳トレ」をうまく仕上げるコツ

黒鉛筆一本あればすぐに始められる デッサン脳トレは、あらかじめ薄く描かれた線描画を黒鉛筆一色でぬって、光や影、質感などを表現していきます。こうした描き方は初めての人もいると思いますが、見本画をまねして …

置き忘れや物忘れは「海馬」の衰え!「海馬活性ドリル」で脳を活性化

物忘れのひどい人は記銘力障害の疑い大 置き忘れや物忘れは、誰にとっても悩みの種です。「あれはどこに置いたか」とか、買い物中に「何を買うつもりだったのか」などと物事が思い出せなくなる経験をしている人も多 …

音読を行いながらの「仮名拾い」で脳の前頭前野を鍛える

書き写しも認知症の予防効果を高める 最近、新聞の第一面のコラム欄(朝日新聞の「天声人語」や読売新聞の「編集手帳」など)を書き写すのが、中高年の間でブームになっています。 新聞コラムの書き写しを習慣にす …