最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

物忘れ・ど忘れが解消される「両手で数字を書く体操」のやり方

投稿日:

内側の数字から両手でなぞっていく

ここでは、記憶力を高め、物忘れや置き忘れ・人名の失念といったど忘れの解消に最適な「両手で数字を書く体操」のやり方をくわしく説明しましょう。

この体操は、例えば左側に「21」とあり、右側に「12」とあります。この左側の数字を内側(中央側)から左手で、右側の数字を内側から右手で同時になぞっていきます。つまり、どちらも「12」という順番でなぞります。

終わったら、次の問題に移ります。同様にして、左側の数字を内側から左手で、右側の数字を内側から右手で同時になぞっていきます。こちらは「34」となります。このようにして、いろいろな数字をなぞっていきます。10問やっても、5分もあればできてしまいます。

「両手で数字を書く体操」をするさい、できればペンを2本使ってほしいものです。なぜなら、最後の空欄のときにしっかりと数字が書けているかを確認できるためです。

とはいえ、雑誌にそのまま数字を書いてしまうと、それっきりになってしまうので、雑誌の上に白い紙を置いてそこに書いたり、コピーしたものを使ったりするといいでしょう。

もし、ペンを用意するのがめんどうなら、指でやるといいでしょう。指でやる場合、上の問題を人さし指でやって、下の問題を中指で行うというぐあいに、問題が変わるごとに手の指も替えてほしいものです。

「両手で数字を書く体操」では、問題の数字をよく見て、例えば「1」なら最後の横棒まできっちりとていねいに書いてください。そして、1日に10問、しっかり行いましょう。1回で10問すべてやってもいいし、1日数回に分けて行ってもかまいません。

これをやったとたんに記憶力がよくなることはないものの、毎日続けて行っていれば、しだいに物覚えがよくなっていき、物忘れ・ど忘れも解消されるはずです。

→両手で数字を書く手の指体操は、記憶力を高めて物忘れ・ど忘れを解消する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

物忘れの増加は前頭前野の衰えの証拠。それは単純計算をくり返すと鍛えられる

短期記憶を担う前頭前野は衰えやすい 前頭前野とは、脳の前頭葉の前側の部位のことで、人間の脳全体の大きさの約30%を占めています。この前頭前野は、記憶したり、考えたり、計算したり、言葉をしやべったり、集 …

海馬や頭頂葉を鍛える「脳活性キューブバズル」が人気

高齢の人でも取り組みやすい 近年、パズルやトランプ、影絵遊びなど、さまざまな遊びを通して脳の衰えを防いだり認知症の進行を抑えたりする脳のリハビリテーション(機能回復訓練)が注目を集めています。そうした …

創造力やひらめきカの養われる「だまし絵脳トレ」

見るだけで不思議な感覚や驚きを体験 いくつになっても脳の若々しさを保ちつづけたいと願う多くの人の間で、いわゆる「脳トレ」が人気です。脳トレとは、さまざまな方法で脳を刺激し、脳の活性化を図るトレーニング …

音読の効果を活用した脳トレ「パワー音読」で脳を活性化

  言葉の獲得によって人間の脳は発達した 私たち人間が、進化の過程でチンパンジーなどの類人猿から分かれて、脳の発達を遂げることができたのはなぜでしょうか。その最大の理由は、言語を獲得したこと …

漢字の足し算・引き算クイズを脳の若返りに物忘れ防止に活用しよう

漢字は奥が深く魅力的な文字 東北芸術工科大学名誉教授の馬場雄二先生は、今でこそ漢字のデザインがライフワークの一つになっていますが、子供のころは漢字が大嫌いでした。というのも、小学校の国語の授業が、同じ …