最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止のための運動・動作

物忘れや話し方などが改善する「脳活性スクワット」

投稿日:

本山式筋トレがMCIを改善させる

総合能力研究所所長で健康運動指導士の本山輝幸先生は、筋肉に強めの刺激を与えて感覚神経をつなげると、MCI(軽度認知障害)が改善することを、世界で初めて発見しました。

なぜ筋肉に刺激を与えると認知症になりにくいのか。つまり、「脳活性スクワット」をはじめとした本山式筋トレがなぜMCIを改善させるのか、本山先生は次のように推測しています。

人間には、運動にかかわる二つの神経があります。運動神経と、もう一つは感覚神経です。

運動神経は、筋肉を動かす神経です。体を動かすとき、脳の運動野から出た指令は、運動神経を経て筋肉に伝達されます。一方の感覚神経は、末梢の感覚器官が受け取った刺激の信号を、脳に伝える神経です。

手足を動かすと、動かした筋肉には「痛い」「キッい」「心地よい」など、大なり小なり筋刺激が生じます。その筋刺激の信号は脊髄などを通って、脳に伝達されます。この筋肉から脳に戻るルートが感覚神経です。

感覚神経が途切れるとボケやすい

運動神経と感覚神経は対になっており、健常な人はどちらも正常に機能しています。ところが、MCIや認知症の人は、運動神経は正常ですが、感覚神経が脳とつながっていない可能性があるのです。

一般に運動神経ばかりが注目されがちですが、実は運動神経よりも、脳にフィードバックする感覚神経のほうが重要ではないかと本山先生は考えています。この神経がつながっていない(鈍い)と、筋刺激の信号を脳まで上げることができないのです。

そのため、長時間運動をしても、疲れや痛みを感じることができません。だから長い距離を彿御したり、筋トレをいつまでも続けたりできるのです。

しかし、もし感覚神経がつながっていて、痛みや刺激の信号が脳に届lナば、認知症にはなりにくいと本山先生は考えています。

筋肉など体の部位から脳に伝わる刺激は、唯一、体内を通って脳に直接働きかける刺激です。脳にとって、非常によい刺激なのです。筋肉からの刺激は、強ければ強いほど、脳はそれを拾いやすくなります。

1gの物より1kgの物を持つほうが、重く感じますね。それと同じです。だからこそ、筋肉に強い負荷をかける筋トレが有効なのです。

そして、鍛える筋肉に全神経を集中させると、感覚神経がつながりやすくなります。神経を集中させると、より多くの筋線維が稼働し、たくさんの電気信号を脳に送れるからです。

筋肉からの刺激が脳を覚醒させる

では、脳に届いた筋刺激は、脳にどのような作用をもたらすのでしょうか。本山先生は、次のような仮説を立てています。

①脳細胞の代償作用

認知症はいろいろな原因で脳細胞が死んだり、うまく働かなくなってしまう病気です。

しかし、脳の中には、生き残って機能している脳細胞もたくさんあります。そこに筋肉からの刺激(痛み)が伝わると、残っている細胞が死んだ細胞の代わりに働くようになります。

これを脳の代償作用といいます。筋刺激は、残っている細胞の代償作用を促して、失われた機能を補うのです。

②脳幹網様体への刺激

筋肉からの刺激は、脳に戻るときに脊髄の上にある脳幹を通過します。

脳幹には脳幹網様体(のうかんもうようたい)という神経線維の集合体があり、生命維持の中枢を担っています。ここに強い筋刺激が加わると、脳が覚醒するのです。それまで使われていなかった脳細胞が目覚めて、脳がよみがえるといってもいいでしょう。

本山式「脳活性スクワット」でMCIが正常に戻ったり、認知症が改善したりする例があるのは、この二つの作用によるものだと本山先生は考えています。

筋肉が大きい下半身の刺激が効果的

筋トレの中でも特に効果が高いのは、下半身の筋トレです。

脳に上がる筋刺激の大きさは、筋肉の太さ、大きさに比例します。私たちの体の中でも最も太く大きな筋肉は、太ももとお尻の筋肉です。したがって、太ももの大腿四頭筋と大腿二頭筋、内転筋、お尻の大臀筋の4つを中心に鍛えるのが有効です。それが、紹介している「脳活性スクワット」です。

通常は、週に1回の「脳活性スクワット」を、2~3カ月続けると効果を実感できるようになります。早い人では、その日のうちに感覚神経がつながることもあります。

感覚神経がつながると、周囲の人が驚くくらい、物忘れや話し方などが改善してきます。

また、まず感覚神経をつなげないと、いくら筋トレや運動などをしても、脳を活性化する効果は期待できません。だからこそ、有酸素運動をしたり、ジム通いをしたりしていても認知症になる人がいるのです。

たとえ、今、痛みを感じなくても、これから感じるようになれば、それでいいのです。「脳活性スクワット」を日常に取り入れていくことで、必ず感覚神経はつながっていきます。

本山式「脳活性スクワット」のやり方

・やり方その1

①手を胸の前でクロスさせ、ひざとつま先を外側にむけた状態から足を肩幅の2倍以上開く。

②ゆっくりと腰を落とし、お尻に全神経を集中しながら10cmずつ20回上下する。

・やり方その2

①足を肩幅の2倍以上開き、腰を落としひじを膝の内側にあてがう。

②ひざを力一杯閉じる動きとひじで開こうとする動きを同時に10秒間行う。相反する2つの刺激を同時に与えることで脳細胞が刺激される

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止のための運動・動作

執筆者:

関連記事

普段から手や指を動かすことは、脳を活性化する有効な手段

脳の活動を外から観察する画像装置 自治医科大学付属病院副院長の渡辺英寿先生は脳神経外科医として治療に携わる一方、医療機器の開発・研究にもカを注いできました。 その成果の一つが、1995年に開発した光ト …

両手で数字を書く手の指体操は、記憶力を高めて物忘れ・ど忘れを解消する

  手を動かして脳に刺激を与えることが重要 昔から「手は第二の脳」といわれていて、手の指をよく動かす人は、年を取っても脳が若々しく、認知症とは無縁であるとされてきました。 手と脳の関係を示す …

「頸椎2番体操」で頭部の血行が良くなり、認知症やうつが改善

頭皮が硬いままだと不眠になる傾向が ご自分の頭皮を指先で軽く触ってみてください。適度な弾力がありますか? 60歳前なら、頭皮がカチカチに固まって頭蓋骨に張り付いている人が多いかもしれません。もしくは、 …

脳の若返りに役立つ「龍の歩き」気功

十分な血液が確保しにくい位置に脳はある 脳の若返りというと、いわゆる脳トレを思い浮かべる人が多いでしょう。 確かに、脳を使って鍛えることも大事ですが、そればかりでは、脳の疲労を招いて逆効果になりかねま …

楽しみながら脳を活性化する「大人そろばん」

指先を動かすことで脳が刺激される 単なる「長生き」ではなく、健康寿命を延ばしたいー。その健康寿命を延ばすには、体の健康・心の健康・脳の健康の三つがそろう必要があります。 ところが、スポーツクラブやヨガ …