最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

漢字の足し算・引き算クイズを脳の若返りに物忘れ防止に活用しよう

投稿日:

漢字は奥が深く魅力的な文字

東北芸術工科大学名誉教授の馬場雄二先生は、今でこそ漢字のデザインがライフワークの一つになっていますが、子供のころは漢字が大嫌いでした。というのも、小学校の国語の授業が、同じ漢字を何度も書く反復練習や筆順の暗記など、退屈な内容ばかりだつたからです。

しかし、大学で「漢字の視覚化」をテーマにし、その魅力を知って、こだわりつづけています。馬場先生は、そうした漢字のおもしろさや魅力をより多くの人に知ってほしいと考え、遊び心を重視したパズルのデザインや講演活動を行っています。

そんな馬場先生が考案したのがここで紹介する「漢字の足し算・引き算クイズ」です。

このクイズは、楽しみながら脳を活性化して、衰えはじめた脳の機能を高めるのに大いに役立ちます。

漢字の足し算・引き算クイズは、漢字と算数を融合させたパズルで、複数の漢字や部首で楽しみながら計算して、漢字熟語を作るというものです。

漢字の足し算・引き算クイズは、右脳と左脳を同時に活性化し、物忘れを防止に役立つ新しいパズルといえます。

自分で問題を作るのもおすすめ

漢字の足し算・引き算クイズを習慣的に行えば、記憶している漢字を思い出す想起力や、提示された漢字・部首などの材料から漢字熟語を生み出す発想力や直観力、洞察力などが養われることでしょう。

漢字の足し算・引き算クイズの問題は、足し算では提示された漢字・部首を組み合わせ、引き算では反対に漢字・部首を除きます。かけ算では、提示された漢字に共通して用いられる漢字・部首を見つけ、新たな熟語を導き出してください。割り算は、分子となっている漢字・部首を組み合わせ、分母の数字の文字数の漢字熟語を作ります。

漢字の足し算・引き算クイズは、日本人なら誰もが知っている漢字を素材としているので、新たな物事やルールを改めて覚える必要がないのが魅力です。

かけ算・割り算のやり方は、最初は難しく感じて戸惑うかもしれませんが、慣れればその戸惑いが楽しさに変わります。

漢字の足し算・引き算クイズは、問題を解くのはもちろん、自分で問題を作って家族など身近な人に出題してみるのも、脳の活性化に役立ちます。脳の若返りに、物忘れ防止に、漢字の足し算・引き算クイズを大いに活用してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

集中力や注意力、判断力、向上、物忘れ防止にも大いに役立つ「影絵パズル」

思考だけでなく目も手も大いに使う 影絵パズルを行うときは、まず、問題の影絵を見て、その部分にどのピースが当てはまるかを考えます。そして、ピースの形を記憶し、当てはまらなければ、別のピースに入れ替えるな …

物忘れやうっかりミスが改善する「全脳パワードリル」

独自の認知症対策を考案し、大きな注目を集めている熊本県 超高齢社会(高齢化率が21%を超えた社会)を迎えた日本では、認知症の患者数が増加の一途をたどっています。厚生労働省の発表によれば、認知症の患者数 …

置き忘れや物忘れは「海馬」の衰え!「海馬活性ドリル」で脳を活性化

物忘れのひどい人は記銘力障害の疑い大 置き忘れや物忘れは、誰にとっても悩みの種です。「あれはどこに置いたか」とか、買い物中に「何を買うつもりだったのか」などと物事が思い出せなくなる経験をしている人も多 …

脳トレプログラム「全脳パワードリル」で集中力が高まるなどの効果が

脳の認知機能を示す評価点が大幅向上 理学療法士・認知症ケア専門士の川畑智先生が開発した脳トレプログラム「全脳パワードリル」は、海馬・頭頂葉・側頭葉・後頭葉・前頭前野・前頭葉の6つの部位ごとに楽しく鍛え …

物忘れに効果のある、前頭前野を鍛える「漢字拾い」

  的確な答えが導き出せなくなる 意志決定や判断、注意、集中などをつかさどる脳の領域が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」です。 前頭前野は、おでこの後ろにある「前頭葉」の中にあって大脳全体の30 …