最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

物忘れ防止脳トレ

漢字の足し算・引き算クイズを脳の若返りに物忘れ防止に活用しよう

投稿日:

漢字は奥が深く魅力的な文字

東北芸術工科大学名誉教授の馬場雄二先生は、今でこそ漢字のデザインがライフワークの一つになっていますが、子供のころは漢字が大嫌いでした。というのも、小学校の国語の授業が、同じ漢字を何度も書く反復練習や筆順の暗記など、退屈な内容ばかりだつたからです。

しかし、大学で「漢字の視覚化」をテーマにし、その魅力を知って、こだわりつづけています。馬場先生は、そうした漢字のおもしろさや魅力をより多くの人に知ってほしいと考え、遊び心を重視したパズルのデザインや講演活動を行っています。

そんな馬場先生が考案したのがここで紹介する「漢字の足し算・引き算クイズ」です。

このクイズは、楽しみながら脳を活性化して、衰えはじめた脳の機能を高めるのに大いに役立ちます。

漢字の足し算・引き算クイズは、漢字と算数を融合させたパズルで、複数の漢字や部首で楽しみながら計算して、漢字熟語を作るというものです。

漢字の足し算・引き算クイズは、右脳と左脳を同時に活性化し、物忘れを防止に役立つ新しいパズルといえます。

自分で問題を作るのもおすすめ

漢字の足し算・引き算クイズを習慣的に行えば、記憶している漢字を思い出す想起力や、提示された漢字・部首などの材料から漢字熟語を生み出す発想力や直観力、洞察力などが養われることでしょう。

漢字の足し算・引き算クイズの問題は、足し算では提示された漢字・部首を組み合わせ、引き算では反対に漢字・部首を除きます。かけ算では、提示された漢字に共通して用いられる漢字・部首を見つけ、新たな熟語を導き出してください。割り算は、分子となっている漢字・部首を組み合わせ、分母の数字の文字数の漢字熟語を作ります。

漢字の足し算・引き算クイズは、日本人なら誰もが知っている漢字を素材としているので、新たな物事やルールを改めて覚える必要がないのが魅力です。

かけ算・割り算のやり方は、最初は難しく感じて戸惑うかもしれませんが、慣れればその戸惑いが楽しさに変わります。

漢字の足し算・引き算クイズは、問題を解くのはもちろん、自分で問題を作って家族など身近な人に出題してみるのも、脳の活性化に役立ちます。脳の若返りに、物忘れ防止に、漢字の足し算・引き算クイズを大いに活用してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-物忘れ防止脳トレ

執筆者:

関連記事

ぬり絵はストレス解消や脳の活性化、認知症予防に最適な「遊び」

ぬり絵を行ったあとα波が多く出現した 杏林大学が行った研究で、ぬり絵の脳活性効果やストレス解消効果を実証した試験結果があります。くわしく説明しましょう。 まず、ストレス解消効果についてです。脳がリラッ …

脳を活性化させる図形を用いたパズル「影絵パズル」

脳のそれぞれの領域を幅広く活性化させるのに有効 判断力や集中力を司る前頭前野、目で見た情報を処理する視覚野がある後頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、そして、記憶 …

品物を暗記する脳トレで海馬を刺激し物忘れを防止できる

神経細胞同士のつながりが強まる 「家のカギや携帯電話をよくなくす」「外出先でカギを閉めたか心配になる」「昨日の夕食の献立が思い出せない」「立ち上がったとたん、することを忘れてしまった」という経験に心当 …

記憶の中継地点「海馬」を一人でトレーニングできる「辞書脳トレ」

頭を使わないと短期記憶が衰える 中高年を過ぎると、会話中に言葉が思い出せなくなり、「アレ」「ソレ」といったあいまいないい方をすることが増えてきます。また、文章を書いていて適切な単語が思い浮かばず、四苦 …

物忘れの増加は前頭前野の衰えの証拠。それは単純計算をくり返すと鍛えられる

短期記憶を担う前頭前野は衰えやすい 前頭前野とは、脳の前頭葉の前側の部位のことで、人間の脳全体の大きさの約30%を占めています。この前頭前野は、記憶したり、考えたり、計算したり、言葉をしやべったり、集 …