最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

いろいろな物忘れ防止法 脳を活性化

脳を刺激する「未来日記」をつけることで物忘れが減った!

投稿日:

脳を使っていないと記憶することができなくなる

過剰なストレスに襲われがちな現代生活において、脳は非常に疲れやすく、物忘れしやすい状態に陥ります。だからといって、脳を使っていないと、いざ何かを記憶しなければならないというときでも脳がうまく働かず、記憶することができなくなります。

そうした脳疲れによる記憶力の低下を防ぐためには、積極的に脳を使う必要があります。では、記憶力アップを果たすにはいったいどうすればいいでしょうか。

医学博士で脳の学校代表の加藤俊徳先生は、これまで1万人以上の脳をMRI(磁気共鳴画像装置)で撮影し、脳画像を分析してきたところ、脳の機能別に120の区画に分類できることがわかりました。これを一言でいい表すと、「脳番地」です。

おすすめは「未来日記」をつける

この脳番地を、さらに人種の系統に分けることができました。人種の系統とは、伝達系脳番地・運動系脳番地・思考系脳番地・理解系脳番地・感情系脳番地・視覚系脳番地・記憶系脳番地・聴覚系脳番地です。

脳番地は、その人の経歴・職業・技能・性格などで発育状況が全く違います。

例えば、プロのスポーツ選手は運動系脳番地が発達しています。もし、引退して解説者になったとしたら、運動系
脳番地が衰えてきて伝達系脳番地・理解系脳番地が発達してきます。

このような脳番地で見ると、脳疲労で衰えた記憶力をアップさせるためには、記憶系脳番地を発達させる必要があります。その方法としておすすめしたいのが、「未来日記」です。

記憶系脳番地が活性化される

未来日記とは、朝の起床後、その日、自分がどう行動するかを考えて記し、翌朝、その結果はどうだったかを記すものです。決して、遠い未来のことを記すわけではありません。

この未来日記を書くために、自分がこうありたいというイメージを思い浮かべていきます。そのためには、自分の過去の記憶を思い出し、参照することが必要になります。つまり、先のことを考えて計画することは、記憶系脳番地・思考系脳番地を刺激し発達させるのに役立つわけです。

ちなみに、翌朝に前日の行動を検証するさいも、前日の記憶を引き出しているわけですから、記憶系脳番地が活性化されます。

時間を厳密に決めることが大切

では、未来日記のつけ方を説明しましょう。

まず、「今日の挑戦」を書きます。挑戦というと、すごく新しい取り組みを書くと思う人がいるかもしれませんが、それほどおおげさなものではありません。例えば、歌を1曲覚える、10分長く歩く、お金を一切使わない、「ありがとう」という言葉を絶対にいうなど、いつもの行動とは違うことを一つ決めて、実行するようにします。

次に、1日の予定を夜から決めていきます。朝から予定を決めるよりも、夜の寝る時間から決めたほうが、その日の予定が立てやすくなります。

予定は、時間を厳密に決めてください。例えば、友達と出かけるとしたら、友達と会っている時間はもとより、外出する時間、外出する準備の時間も記したいものです。

こうした時間決めにより、待ち合わせ場所までにどのくらいかかるか、外出準備の時間はどのくらいかかるかなど過去の記憶を引き出すことにつながります。時間をあいまいにすると、記憶系脳番地は十分に使われません。

こうして、朝の時間も決めたら、立てた予定を意識しっつ行動してください。ただし、あくまでも予定。変更があってもかまいません。

そして、就寝してから翌日の朝に、「今日の一行の学び」として、前日に最も心に残ったことを書くとともに、前日の予定がどう進んだかを記してください。「〇J「×」でもかまわないし、一言二言つけ加えて書いてもかまいません。

どんなに高齢でも記憶力は高まる

以上のように未来日記のつけ方を説明してきましたが、あまりおおげさに考えないでください。時間をしっかり決めさえすれば、何をするかについてはそれほど厳密に書く必要はないでしょう。

何をするかまで厳密に決めてしまうと、めんどうになって長続きしなくなるのが落ちです。毎日続けられる範囲で、未来日記を書いてみてください。

未来日記を毎日つけていれば、記憶系脳番地がしっかり刺激されて発達してきます。そうすれば、ど忘れ・うっかり忘れなどの物忘れだって速やかに改善されるでしょう。

よく年を取るにつれて記憶力が衰えるといわれますが、これは明らかな間違いです。記憶力が衰えたという人は、記憶系脳番地を刺激していないだけで、刺激をすればどんなに高齢であっても、記憶力が高まってきて物忘れをなくすことができるのです。

実際に加藤俊徳先生は、脳の学校を主宰して、各種の脳番地を発展させる講座なども開いてきました。その中で、実際に未来日記などをやってもらうこともありますが、いざ実践すると物忘れが減ったという人がおおぜいいるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-いろいろな物忘れ防止法, 脳を活性化

執筆者:

関連記事

物忘れの予防法としておすすめ「美術療法」

  臨床美術の通所施設を日本で初めて開設 年齢とともに、物忘れや、記憶力の低下などに不安を覚えることが多くなりますが、同時に、その先に待ち構えている「認知症」のことも気になるでしょう。 そん …

ぬり絵はストレス解消や脳の活性化、認知症予防に最適な「遊び」

ぬり絵を行ったあとα波が多く出現した 杏林大学が行った研究で、ぬり絵の脳活性効果やストレス解消効果を実証した試験結果があります。くわしく説明しましょう。 まず、ストレス解消効果についてです。脳がリラッ …

早口言葉が脳を効率よく刺激するトレーニングになる

口の各部位をよく動かしながら発声する 脳の活性化に効果的なパワー音読ドリルの中で紹介するのが、発音しにくい語呂を素早く話す早口言葉です。 早口言葉は、平安時代から「早歌」「口ずさみ」「舌もじり」などと …

認知症患者に2週間後には効果が表れた「脳を活性化するハーブ」

一日じゅうシクシク泣いていた 脳を活性化するハーブ「トウゲシバ」の栄養補助食品をとったら、悪化するいっぽうだったアルツハイマー病でも改善する患者さんが多く、順天堂大学大学院客員教授の田平武先生は、その …

「新聞紙にクレヨン画」が心身の健康維持、脳の活性化にも貢献

絵の素人でも手軽に始められる 「新聞紙にクレヨンで絵を描く」という画法を、今から20年以上前に確立したのは、画家であり翻訳家の、喜多としたか先生です。 かつて喜多先生が講師をしていた、ある美術史講座が …