最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

「 物忘れ防止脳トレ 」 一覧

物忘れの増加は前頭前野の衰えの証拠。それは単純計算をくり返すと鍛えられる

2017/05/05   -物忘れ防止脳トレ

短期記憶を担う前頭前野は衰えやすい 前頭前野とは、脳の前頭葉の前側の部位のことで、人間の脳全体の大きさの約30%を占めています。この前頭前野は、記憶したり、考えたり、計算したり、言葉をしやべったり、集 …

置き忘れや物忘れは「海馬」の衰え!「海馬活性ドリル」で脳を活性化

物忘れのひどい人は記銘力障害の疑い大 置き忘れや物忘れは、誰にとっても悩みの種です。「あれはどこに置いたか」とか、買い物中に「何を買うつもりだったのか」などと物事が思い出せなくなる経験をしている人も多 …

脳活性キューブパズルは海馬が強く刺激され集中力や意欲を高める

2017/04/28   -物忘れ防止脳トレ

  海馬や頭頂葉を効率的に刺激するパズル 近年、記憶力の低下や認知症の予防に役立つ脳のトレーニングとして、図形を用いたパズル遊びが注目されています。そこで、ある健康雑誌で、介護施設でも活用す …

漢字の足し算・引き算クイズを脳の若返りに物忘れ防止に活用しよう

2017/04/14   -物忘れ防止脳トレ

漢字は奥が深く魅力的な文字 東北芸術工科大学名誉教授の馬場雄二先生は、今でこそ漢字のデザインがライフワークの一つになっていますが、子供のころは漢字が大嫌いでした。というのも、小学校の国語の授業が、同じ …

記憶の中継地点「海馬」を一人でトレーニングできる「辞書脳トレ」

2017/04/03   -物忘れ防止脳トレ

頭を使わないと短期記憶が衰える 中高年を過ぎると、会話中に言葉が思い出せなくなり、「アレ」「ソレ」といったあいまいないい方をすることが増えてきます。また、文章を書いていて適切な単語が思い浮かばず、四苦 …

空間認識を担う頭頂葉を鍛えればうっかりミスが減る

頭頂葉は物の位置や方角の把握を担う 「ショッピングモールや駐車場で迷う」「パジャマのボタンを掛け間違える」「自動販売機にお金を入れるのに手間取る」「観光地に行っても目的地になかなかたどり着けない」「す …

コミュニケーション能力の低下にかかわる側頭葉を刺激する「隠れワードサーチ」

コミュニケーション能力にかかわる領域 認知症が進行していく過程でよく見られるのが、次のような症状です。 ①会話の聞き取りが難しくなる 認知症の人は、会話を聞き取る速度が健常者の半分程度になります。 ② …

品物を暗記する脳トレで海馬を刺激し物忘れを防止できる

2017/02/15   -物忘れ防止脳トレ

神経細胞同士のつながりが強まる 「家のカギや携帯電話をよくなくす」「外出先でカギを閉めたか心配になる」「昨日の夕食の献立が思い出せない」「立ち上がったとたん、することを忘れてしまった」という経験に心当 …

物忘れに効果のある、前頭前野を鍛える「漢字拾い」

2017/02/13   -物忘れ防止脳トレ

  的確な答えが導き出せなくなる 意志決定や判断、注意、集中などをつかさどる脳の領域が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」です。 前頭前野は、おでこの後ろにある「前頭葉」の中にあって大脳全体の30 …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …