最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

「 いろいろな物忘れ防止法 」 一覧

楽器演奏、編み物、陶芸など、手先を使うと脳が刺激される

前頭葉、頭頂葉を刺激する 最近、頭の回転が鈍ってきたな、という人には、指先をたくさん使うことをおすすめします。 手や指先を動かすと、脳の運動中枢の広い領域が働きます。人の手や指は、触覚や痛覚など、たく …

レモングラスの香りで物忘れが減り、仕事への意欲が高まった

好きなさわやかな柑橘系の香り 長野県にお住いの矢野健司さん(68歳・仮名)は、長年コマーシャルのプロデュサーとして働き、定年後も現役なみに多忙な仕事を続けています。 ところが、65歳を過ぎた2年前から …

MCIの段階なら、本山式脳括体操で元に戻る可能性が非常に高い

痛みの感覚がわかると認知機能も上がる 運動療法は、認知症の予防に効果があることが証明されています。その一方で、運動していても認知症を発症する人が後を絶ちません。なぜ、運動をしても、認知症になってしまう …

レモングラスの香りで物忘れが減り、気力や活力が向上

柑橘系の香りは記憶力や集中力を高める 午前中の香りは自律神経のうちの交感神経(心拍数や血圧を上げるなど全身の活動力を高める神経)を、夜間の香りは副交感神経(心身をリラックスさせる神経)を活性化すると考 …

香りの効果で認知機能障害の改善が確認された

アロマセラピーの効果に期待した 認知症には、主にアルツハイマー病と脳血管性認知症の二つのタイプがあります。日本では近年、前者が大半を占めています。 認知症の原因自体は、まだ解明されていませんが、アルツ …

問題行動が改善する「アイスクリーム療法」は認知症にも効果がある

アルツハイマー型認知症にも効いた 実は、このアイスクリーム療法が認知症にも効果があることを、佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、偶然から体験しました。 ある3世代同居の家庭では、不登校の子どものためにア …

問題行動が改善する医師が考えた「アイスクリーム療法」

親が自らの考え方を少し変えるだけ 佐保川診療所所長の田中茂樹先生は、医学部を卒業後、脳科学の研究に携わり、現在は臨床医として地域医療に従事しています。臨床心理士の資格も取り、子育てや介護といった、家族 …

物忘れや認知症を撃退する頭を使う習慣

「物忘れや認知症の予防法」といっても、特別に難しいことはありません。一般的な生活習慣病対策であり、健康の常識として皆さんが知っていることがほとんどでしょう。できそうなことから生活に取り入れることが大切 …

中高年に起こる物忘れはほとんどは「脳疲れ」が原因

五感をフル活用して物忘れを回避する 中高年に起こる物忘れは、物忘れをしたという自覚さえあれば、ほとんどは「脳疲れ」が原因で、認知症(ボケ)の前ぶれとは違うので心配はいりません。 脳疲れを招く最大の原因 …

リノール酸を多く含むサラダ油の過剰摂取が、脳の衰えを招き物忘れが多くなる

油は摂取量よりも種類に注意が必要 健康志向の高まりから、カロリーが高い油脂(食用油)の摂取量を気にする人は多くいます。しかし、油脂の種類まで吟味する人はあまりいないでしょう。実は、脳をむしばむ落とし穴 …