最近物忘れが多い!

近頃どうも物忘れが激しいと感じている人へ役に立つブログ

「 投稿者アーカイブ:monowasure 」 一覧

物忘れに効果のある、前頭前野を鍛える「漢字拾い」

2017/02/13   -物忘れ防止脳トレ

  的確な答えが導き出せなくなる 意志決定や判断、注意、集中などをつかさどる脳の領域が「前頭前野(ぜんとうぜんや)」です。 前頭前野は、おでこの後ろにある「前頭葉」の中にあって大脳全体の30 …

脳を活性化する筋トレで若年性アルツハイマーが劇的に改善

脳活スクワットで感覚神経がよみがえり若年性アルツハイマーがよくなった東京都 56歳 会社員 男性の方の体験談です。 運転中に逆走したり馴染みの道で迷ったり 「若年性アルツハイマーです」。 近隣の総合病 …

自信につながり笑顔が増える人が多い「全脳パワードリル」

楽しく取り組める脳トレが必要 人間の脳は、領域ごとにそれぞれ異なる働きを担っています。短期記憶に深くかかわる海馬、筋肉を動かす運動野がある前頭葉、位置や方角など空間認識を担う頭頂葉、目で見た情報の処理 …

物忘れやうっかりミスが改善する「全脳パワードリル」

独自の認知症対策を考案し、大きな注目を集めている熊本県 超高齢社会(高齢化率が21%を超えた社会)を迎えた日本では、認知症の患者数が増加の一途をたどっています。厚生労働省の発表によれば、認知症の患者数 …

クラシック音楽や虫の音などの高周波音が物忘れを防止する

脳の働きを活性化させる「音楽療法」 近年、脳の働きを活性化させる訓練法として、パズルや音読、単純計算などの脳トレが人気になっています。このような脳活性法の中で埼玉医科大学教授の和合治久先生が特に注目し …

50歳の主婦が東大に合格できたのは綿密に組んだ学習スケジュールと手帳の管理

本番に弱い自分と決別するために東大を受験 昨年の春、安政真弓さんが50歳で東京大学に合格したときの心境は、高揚感というよりも「これで負い目なく人生を歩み出せる」という思いでした。 今から30年近く前の …

61歳で弁護士になれたのは「覚える内容を選ぶ」ことと勉強時間をきっちりと区切ること

時間を味方にできるのが強み 7年前に61歳で弁護士になった渋谷区・神山昌子先生は、離婚・破産などの問題を中心に、さまざまな相談や事件を担当しています。多忙な日々を送っており、現在、抱えている案件も訴訟 …

脳トレが物忘れや認知症の予防・改善に役立つ

2017/01/27   -物忘れ防止脳トレ

生活習慣の改善と脳トレで物忘れが防げる 何歳になっても脳の成長を促すために、生活習慣の見直しとともにぜひ挑戦してほしいのが、脳のトレーニング、すなわち脳トレです。脳トレを楽しみながら、脳に新しい刺激を …

物忘れ防止にとって大事な日常生活での9つの事

脳トレより大切な日常生活の送り方 この記事では、年を重ねても脳を成長させ、物忘れを減らして認知症(ボケ)を防ぐことができる脳科学の粋を集めて得られた秘訣を紹介しましょう。 というと、多くの人は脳トレに …

脳は何歳になっても使えば使うほど成長する。そして脳をよく使えば物忘れを減らせることができる

2017/01/27   -物忘れについて

脳は加齢とともに衰える? 高齢社会の日本では今、パズルや計算ドリルを解いたり、文章を音読したりして脳を鍛える「脳トレ」が大ブームです。東北大学加齢医学研究所教授の川島隆太先生は、脳科学の専門家として、 …